FC2ブログ

丹沢大山はやっぱり雨降り山

2011/10/21 Fri

テレビのお天気お姉さんが今日は秋晴れですっきりとした青空ですって言っていたので
これは山に行かなくてはといそいそと出かけた。

今回の山は丹沢にある大山。
今まで2回登っているが、毎回途中で雨に降られ「雨乞いの山だからしょうがない」なんて言ってた。
今日こそは晴天、富士見台から富士山を眺めようと出発。
平日なのでバスの本数が少ないヤビツ峠からは諦めてケーブルカー駅から登ることに。

伊勢原→大山ケーブルカー駅→下社駅→下社~16丁目~ヤビツ峠分岐~大山山頂~ピストン
下社~大山寺~ケーブルカー駅

お供が今日はいたので楽チンコースのつもりでまずはケーブルカーで下社まで。
20分に1本のケーブルカーは満員。下社駅に到着するとかなり寒い。
ooyama.jpg
下社でおまいりしお払いをしていよいよ登山開始でいきなり階段。
ooyama1.jpg

ケーブルカー乗り場までの商店街も300段以上の階段があり辛そうだったので
10分も歩かないうちにお供はリタイヤし下社で待つことに。
ちょうど前の方に大山の案内人?集団が研修中で登っていたので後ろからついて登る。
下社を1丁目として28丁目が頂上。16丁目まではかなり段差のある階段状の岩を登っていく。
ooyama2.jpg
夫婦杉、天狗鼻突き岩を過ぎ蓑毛からの裏参道と合流すると一息。
そのころから雨が降り出し霧が立ち込めすごく寒い。
この山はハイキングコースと侮るなかれ、かなり厳しい山に変身する。
ジョギングシューズで岩の上を歩き、雨でぬれてすべりもちろんレインウェアーはなし。
中には半そで姿の方もいてかなり寒そうで大変そう。
ooyama3.jpg
 
鳥居が見えてきて山頂につくころには本降りの雨(30分後にはやんだようだが)
さすがに阿夫利(雨降り)山である。
ooyama5.jpg
ooyama4.jpg
1時間かけて登ってきたが寒いので早々に引き上げ下山。
苔むし雨でぬれた岩は滑りやすく下山に一苦労し、立ち往生する人がたくさんいた。
お供を残して登って着てよかったとホッとした。
富士見台で一瞬霧が晴れ下界が見えたので
ooyama6.jpg
登っている途中で教えてもらったボタン岩もパチリ。
丸っこい岩がボタンの花のようだって見えますか~?
ooyama7.jpg
紅葉はまだ始まっていなかったけどトンボがたくさん。
ooyama9.jpg

大山はお水がおいしいと言われていてお豆腐が有名。
下社ではお水を汲んで持ち帰ることができる。
ooyama8.jpg

無事下山し今度は大山寺まで下山。
ここはがんばってお供も歩き通しました。
ooyama10.jpg
ooyama11.jpg
途中でケーブルカーと遭遇。手を振ってみた。
ooyama12.jpg
頂上でご飯を食べられなかったのでお豆腐会席で〆。
ooyama13.jpg
下山後は東海大学前駅まで行き日帰り入浴。
天然温泉さざんかの湯

秋山は寒さ対策はしっかりと!
雨具、登山靴、できれば明かりと行動食は持って行こうねぇ~
スポンサーサイト



テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

紅葉の妙高山をぶら山歩(さんぽ)

2011/10/17 Mon

妙高山は新潟と長野の県境に位置する百名山の一つで、
その端正な山容から、越後富士とも呼ばれています。

また、地元妙高市の観光PRキャラクター「ミョーコーさん」は、
この妙高山を元に2011年に誕生したゆるキャラで、プロフの特長にも現れている様に、
地元民に愛され、長く頼りにされてきた山でもあります。

198-1.jpg


※ミョーコーさんプロフィール(キャラ紹介
男性的で触るとごつごつしており、腹の部分に雪形の「はね馬」のマークがある。
ヒーロー的存在だが、焦ると7種類、5つの泉質、3色の温泉の汗をかく。

今回は秋雨の中、燕温泉から満点の紅葉を満喫しながら登って来ました。


本日のコースは、燕温泉→北地獄谷→天狗堂→妙高山の往復。

燕温泉から北地獄谷沿いを一時間ほど歩くと、称名滝光明滝の連瀑が幻想的な姿を現します。

NEC_02.jpg


妙高山山頂は、馬蹄形の外輪山の中にある溶岩ドームの最高峰ということで、
コースの後半は、岩々した山肌の中を、ダイナミックに登ります。

NEC_05.jpg


標高を上げるうちにいつのまにか雲海を飛びぬけ、
眼下には日本三大紅葉をも呼ばれる優雅な紅葉に染め上げられた山肌が広がっていました。

11時頃に山頂に到着し、お昼ごはんを食べて下山。

火山特有の強烈な切れ込みの谷の中、岩壁に色とりどりの紅葉が広がり、なんとも情緒的です。

NEC_014.jpg


下山後は、乳白色の「黄金の湯」で一汗流して極楽気分。


火山に紅葉に温泉と、なんとも魅力的な妙高山。
コースはちょっぴりハードだけど、アラセブンティの皆様でも余裕を持って登頂できました。


ミョーコーさんにちょっぴり興味を持ったそこのあなた!
登山中級者へのステップに、是非挑戦してみてはいかがでしょうか?


妙高山(日本百名山)
標高 22454m
登山適期 7月上旬~10月下旬
コースタイム 燕登山口(登り4時間、下り3時間)


おまけ
妙高山山麓の笹ヶ峰では、牧場や池、明るい樹林など、
高原の魅力が凝縮されたコースの散策が楽しめます。
今回は下山後に、ハート型をした乙見湖から、
ミョーコー市のシチョーや山ガールらと一緒に紅葉ハイキングを楽しんできました♪

293494_232430056815687_100001460831869_632152_1678400468_n.jpg

トレッキングイベント決定!!

2011/10/14 Fri

【山から日本を見てみよう】第一弾は鋸山トレッキング 
11月12日(土)に開催!
40名限定のイベントです。

鋸山は千葉を代表する低山の一つ。遠望が利くこの季節、
天気が良ければ眼下には東京湾、遠くには三浦半島や富士山を見渡せます。

初心者が安全に登山を楽しめるようにお手伝いがしたい!と
(株)フィールド&マウンテンは考えています。

そんな様子が10月9日TBS系列「情熱大陸」でも放送されました。

初心者歓迎!山登り未経験者歓迎の初企画!!今回は鋸山を山歩しましょう。
弊社代表山田淳も山歩に参加します。

日  時 :11月12日(土)
集合場所:JR内房線 浜金谷駅 10時集合 雨天決行

<東京方面からのアクセス>
特急さざなみ1号 新宿駅 7:50発~浜金谷駅 9:43着
(途中 秋葉原、錦糸町、船橋、津田沼などに停車します)が便利です

ご参加される方はこちらからエントリー

現地集合解散となります。
昼食は各自ご用意ください。
温かいお味噌汁をご用意させていただきます
(アマノフーズ協賛)
現地解散なので周辺の観光施設を訪問したり日帰り入浴も可能です

コース
浜金谷駅→車力道→東京湾を望む展望台(関東ふれあいの道)→
鋸山山頂→日本寺(大仏広場)入館料必要→観月台→浜金谷駅

歩行距離約10km 約3時間半の歩行時間となります
map日本寺



見どころの地獄ののぞきは切り立った岸壁の上にあり絶景。江戸時代から採石が行われた(石切場跡は現在も残存する)結果、露出した山肌の岩が鋸の歯状に見えることからこの名で呼ばれるようになったそうです。鋸山の一部は日本寺の境内にあり、大仏や百尺観音などもあります。
 (日本寺入館料600円が必要)
日本寺


必要な装備

トレッキングに適したシューズ
防寒着
レインウェア(上下セパレートタイプ)
リュックサック(両手がふさがらない様に)
飲料、行動食(お菓子など)、お弁当
着替え(日帰り入浴される方)など
レジャー保険(任意)
ちょこっとお出かけ保険シリーズ

秋のさわやかな季節を山で一緒に楽しみましょう。


平日の高尾山をぶら山歩(さんぽ)

2011/10/13 Thu

10月12日 だったので久しぶりに高尾山へ行ってみた。高尾山登山口

本日のコースは稲荷山コース→高尾山山頂→1号路→薬王院→ケーブルカー乗り場→琵琶滝コース
111012_1109~010001
ケーブルカー乗り場は行列ができていたが登山口には一人も人がいない。
11時過ぎなのでちょっと登り始めるのが遅かったかな?と思ったり
最初は人が少なくてやっぱり平日だと思っていたが、東屋まで登って行くとちらほらと人がいる。
遥か彼方に新宿のビル群が見えて眺望もよい。111012_1139~010001
お昼には頂上に到着したかったので急ぐ。この季節は子どもたちの遠足が多いようで幼稚園児や小学生、年配の団体も多く登っているのに途中から遭遇し始めた。
takao.jpg

無事12時過ぎに頂上に到着。残念ながら山頂から富士山を眺めることはできなかった。
社長から美味しいよぉ~と教えてもらったアマノフーズのチキンカレーを本日は持参。
バーナーを持ってきていたのでお湯を沸かしてコーヒーとコーンパンと一緒に山ごはん。111012_1229~010002
隣の席に座っていた女性に教えてもらったが、今日は平日なのでやはり人は少ない方らしい。と言っても山頂は人・人・人だったから土、日はどうなっちゃうんでしょう?ビジターセンターの女子トイレ行列は10分から15分待ち。混雑時を想像しただけでこわい
ミシュラン効果なのか山ガールを含む登山ブームなのかわからないけどさまざまな装いをした人たちで賑わっていた。
takao1.jpg

ビジターセンターで話を伺ったら例年なら11月下旬ころから12月上旬にかけて紅葉の見ごろを迎えるらしい。
高尾山の紅葉はとてもきれいで、電車内のCM「樹の里 高尾山へ」のポスターも真っ赤なに彩られすてきだった。残念ながら今年は台風の影響で木々が倒れたり土砂崩れなどもあり爪跡が痛々しい。
薬王院の辺りにはご利益のありそうなアトラクション?がたくさん配置されていてなんだか楽しそう。
takao2.jpg


1号路を下山し薬王院に立ち寄り、途中の「ごまどころ権現茶屋」でミルクジェラートをいただく。
takao3.jpg

もりもり元気が出てきて琵琶滝コースを走って下山。現在通行止めのコースもあり、ほとんどの人が1号路やリフト、ケーブルカーを利用しているようだけど、この6号路、琵琶滝コースは気持ちがいい。
(11月1日から紅葉のシーズンは混雑が予想されるため、琵琶滝コースは登りの一方通行となりますのでお気を付け下さい)





プロフィール

ブラ山歩

Author:ブラ山歩
日本や海外で安全に快適に山を登れるようにお手伝いさせていただいている(株)フィールド&マウンテンでのイベントを掲載していきます。 山登り超初心者・登山に興味のある方是非お立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR