FC2ブログ

北八ヶ岳は完全な雪山 2日目

2012/11/22 Thu

hyutte5.jpg
静かな山小屋が動き始めました。朝ごはんの用意です。
初めての山小屋泊のお客様はなかなか寝付けなかったようです。

hyutte4.jpg
3時に起きて流星群を確認に出かけた人も。
夜半からの雪、風も止み、山小屋周辺は一層の真っ白な雪原となっていました。
asayake.jpg
気温はマイナス10℃、寒いわけです。
kion.jpg
朝食を済ませ、今回の雪の多さ、稜線歩きになると風が強いこと、岩場を歩くため危険が伴うことなど
たくさんの条件を考慮して、今回予定されていた天狗岳登頂は中止することとして、
中山峠まで歩いていくことに決定しました。

一列になって歩きます。
nakayama1.jpg
10分もかからずに中山峠に到着。風が冷たい。
今回の最高到達点2410m中山峠の標識の前で記念撮影をしてきた道を戻ります。
nakayama2.jpg

初めての雪山のお客様も多く、安全が第一です。いったん黒百合ヒュッテに戻り温まります。
kuroyuri.jpg
山小屋の前にあるお社には3体の雪だるまが。粉雪の為なかなか固まらなかったようですが、
小さな雪だるまをお客様が作ってくれました。 見えますか?
snowman.jpg

下山するためにお客様全員が軽アイゼンを装着します。悪戦苦闘する方、履きなれている方。
今回は普段レンタルで使っている6本爪の軽アイゼンを持参しました。
aizen.jpg

黒百合ヒュッテのご主人と一緒に集合写真を撮り下山を開始します。
HIS.jpg

歩き出しに鉄網の橋がいくつもあり、アイゼンの歯が絡み歩きづらいところからスタートします。
靴の下にもう一段何かができたようで不思議な感覚の中歩き続けます。
少し慣れてくると下り坂を軽快に降りていけることを実感し不安解消、楽しくなってきます。
gezan1.jpg

お客様の笑顔が見えるようになってきました。ホッとします。
gezan2.jpg

登りは3時間ほどかかりましたが下山はコースタイムより早く2時間かからずに下山。
昨日登り始めたころはまだ道が見えていた唐澤鉱泉周辺にも雪がついていました。
その雪の白と鮮やかなもみじの赤が心を和ませます。
yukimomiji.jpg

川沿いに湯が沸き、その周辺にきれいな苔が生えていました。
色がとてもきれいでまるで中国の九寨溝やトルコのパムッカレの様だと想像してしまいました。
hotspring.jpg

唐澤鉱泉で昼食をとりゆったりと温泉で体を温めます。
こちらの湯は日本秘湯の湯の一つ。上がった後もポカポカとあたたかく、趣のある温泉です。

のんびりした後にマイクロバスに分乗し下山します。
私たちが乗ってきた大型バスが待っている唐澤鉱泉、夏沢峠の分岐点には大山神社と言う神社があります。
こちらで無事の下山のお礼をしてバスに戻りました。
同祖神がやさしく微笑んでいます。
ooyamajinnja.jpg

今回は天狗岳の頂上まで行くことができませんでしたが、初雪山を楽しむことができたと思います、きっと。
ご参加いただいたお客様がこれに懲りず、山登りを続け、来年の夏山に挑戦していただけると嬉しいです。
帰路の道より眺めた青空と八ヶ岳の山々を見つめながら、来年また来るよぉー
yatugatake.jpg

おわり




スポンサーサイト



北八ヶ岳は完全なる冬山 1日目

2012/11/19 Mon

HIS×山から日本を見てみよう コラボ企画第一弾

 11月17日土曜日、今にも泣きだしそうな天気の中、新宿から出発。
今回はHISエコツーリズムのご協力で1泊2日山小屋泊の登山イベントを催行することができました。

34名のお客様とスタッフ4名の総勢38名で出発。
順調すぎるほどの高速道路の流れの良さの中、バスの中では歩き方の講習が始まりました。
出発

山に限らず歩く時は外股にして歩いた方がいいのですが、女性は内股で歩く人が多いようです。
私自身も10年前より内股だよ!このままだと膝を痛めるよと言われ続け、
今年は膝を痛めていて散々でした。予言ではなく(笑)10年前から歩き方を見られていたというわけです。

あっと言う間に三井の森に到着し、唐澤鉱泉さんのマイクロバスに乗り換え山に向かいます。

雨から雪に変わり、道には雪が積もりだし初雪を見た!と喜びながらも雪山って初めてだよね?と
わくわくドキドキの中登山準備をしてお昼過ぎにいよいよ登山開始。
karasawakousen.jpg

登るにつれてふかふかの雪が現れます。苔としらびその森が雪で覆われています。
yukinomori.jpg

雪道を歩くのは初めてという参加者も多い中、渋の湯からの分岐を過ぎ登っていきます。
yukinomari1.jpg

分岐を過ぎると大きな岩のある道になり油断するとすっぽりと足を踏み外します。
休憩をはさみながら丸太の橋、鉄網の橋に大きな岩を乗り越えて登っていきます。
hyutte.jpg
唐澤鉱泉から2時間半が過ぎる頃、本日のお宿「黒百合ヒュッテ」に到着。
hyutte1.jpg

歩いてきた登山道は森の為雪や風を遮ってくれていましたが、黒百合平はビュービュー吹く風で吹雪のよう。
急いで山小屋に入って温まりましょ~
hyutte2.jpg
雪の感触を全身で受け止めている人もいたりして…w

山小屋でゆっくりと過ごし夕食をいただきます。とっても美味しくておかわりをする人が続出!!
hyutte3.jpg

夜8時半に消灯。降りしきる雪の音を聞きながら就寝。
翌日早朝3時過ぎにしし座流星群が現れるとのことでしたが曇り空で見ることができませんでした。
1粒2粒ほどのを見ることができた方もいらっしゃいました。

天狗岳頂上を目指すことができるのか?そんな思いを胸に朝を迎えます。 つづく

12月は山頂で忘年会♪ ゆる~く登りましょう

2012/11/07 Wed

今年も1年「山から日本を見てみよう」イベントにお付き合いいただきありがとうございます。

今年ラストのイベントは「高尾山山頂で忘年会」に決定しました

日にち  :12月15日(土)

集合場所:京王線高尾山口駅 改札前 午前9:30集合

お申し込みはこちら

20名様限定とさせていただきます
只今、申込者多数となりキャンセル待ちとなっております。
ご不便をおかけいたしますが、ご了承願います。(2012,11,22現在)

コース :清滝駅→1号路→4号路(吊り橋のあるモミの木のあるコース)→
      山頂(忘年会♪)→薬王院を経て1号路を使い下山

* 下山は途中解散しますのでケーブルカー、リフト、徒歩とさまざまな方法で下山することができます。

高尾山登山コースはこちらをご参照ください。

山頂での昼食はクリームシチューなど洋のテイストを考えております。
今回は忘年会!!と言うことでアルコールもOK!!
サイドメニューを何か1品ずつ持ち寄っていただけるとありがたいです。

今回も参加費は500円となります。ご了承願います。

頂上富士山

また、山頂よりこんな富士山を眺めながらイベントが開催できることを期待しつつ…

ご参加、お申し込みをお待ちしております。

晴天過ぎて!!10月のイベントは筑波山

2012/11/06 Tue

久しぶりの再開で『山から日本を見てみよう』イベントが27日に筑波山で行われました。

天気もよく汗ばむ中16名のお客様と2名のスタッフに特別ゲストの総勢19名でスタート。

jinja.jpg
登山開始前にみんなで筑波山神社に参拝。
tozandou.jpg

下見の時にもこのあたりはまだまだ人にあわずのんびり登山ができた白雲橋コース。
hitogomi.jpg
登って行くと、どこにこんなに人がいたんでしょう?というくらい人・人・人。
今日は小さなお友達がたくさん登っています。
kirikabu.jpg
大きな切り株の年輪を数えたり、方角を調べたりしながらなかなか進まない道で時間を潰します。

1時間ほど登って行くとヘリコプターの旋回するけたたましい音が。
何があったのか?とみんな不安そうでした。

つつじヶ丘コースとの合流点で怪我人がいたようで、ヘリで救助をしていたようです。
北アルプスや八ヶ岳だけではないんですね、ヘリ出動って。
こんな間近で見たのは初めてで少々怖かったです。

奇岩を乗り越え大渋滞の登山道を抜け女体山に到着したのは登り始めから3時間以上。
集合写真を取ることのできない空間となっていました。
sanchotukuba.jpg

なんとかそばにいたお客様数名と記念撮影をしました。
nyotaisan.jpg

風も強くたくさんの人だったので早々に退散。
ガマ石の口の部分に小石を乗せることができると願いが叶うらしいですが、
ここも大混雑で、投げた石が頭に落ちてくるので急いで逃げる(汗)
*ちなみに、下見登山中にやってみましたが5回目で成功。
何回やってもいいのでしょうか?
gamaisi1.jpg

ようやく御幸ヶ原に到着しましたがすでに時間は14時を過ぎ、突風が吹き荒れていました。
lunchtukuba.jpg

木々で風を避け遅めのランチがようやく始まりました。
今回はワンタンスープ。寒かったのと汗をかいたのとで温かく塩味の効いたスープが好評!!(良かった)

一旦食事後解散し、一部のお客様と一緒に男体山を登りケーブルカーで下山。
下山後のバス待ちが一番つらかったのではないでしょうか?

これに懲りずにまたみなさんイベントに参加してくださいね。

12月は「山頂で忘年会」振り出しに戻って高尾山を企画中。


プロフィール

ブラ山歩

Author:ブラ山歩
日本や海外で安全に快適に山を登れるようにお手伝いさせていただいている(株)フィールド&マウンテンでのイベントを掲載していきます。 山登り超初心者・登山に興味のある方是非お立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR