FC2ブログ

北八ヶ岳は完全な雪山 2日目

2012/11/22 Thu

hyutte5.jpg
静かな山小屋が動き始めました。朝ごはんの用意です。
初めての山小屋泊のお客様はなかなか寝付けなかったようです。

hyutte4.jpg
3時に起きて流星群を確認に出かけた人も。
夜半からの雪、風も止み、山小屋周辺は一層の真っ白な雪原となっていました。
asayake.jpg
気温はマイナス10℃、寒いわけです。
kion.jpg
朝食を済ませ、今回の雪の多さ、稜線歩きになると風が強いこと、岩場を歩くため危険が伴うことなど
たくさんの条件を考慮して、今回予定されていた天狗岳登頂は中止することとして、
中山峠まで歩いていくことに決定しました。

一列になって歩きます。
nakayama1.jpg
10分もかからずに中山峠に到着。風が冷たい。
今回の最高到達点2410m中山峠の標識の前で記念撮影をしてきた道を戻ります。
nakayama2.jpg

初めての雪山のお客様も多く、安全が第一です。いったん黒百合ヒュッテに戻り温まります。
kuroyuri.jpg
山小屋の前にあるお社には3体の雪だるまが。粉雪の為なかなか固まらなかったようですが、
小さな雪だるまをお客様が作ってくれました。 見えますか?
snowman.jpg

下山するためにお客様全員が軽アイゼンを装着します。悪戦苦闘する方、履きなれている方。
今回は普段レンタルで使っている6本爪の軽アイゼンを持参しました。
aizen.jpg

黒百合ヒュッテのご主人と一緒に集合写真を撮り下山を開始します。
HIS.jpg

歩き出しに鉄網の橋がいくつもあり、アイゼンの歯が絡み歩きづらいところからスタートします。
靴の下にもう一段何かができたようで不思議な感覚の中歩き続けます。
少し慣れてくると下り坂を軽快に降りていけることを実感し不安解消、楽しくなってきます。
gezan1.jpg

お客様の笑顔が見えるようになってきました。ホッとします。
gezan2.jpg

登りは3時間ほどかかりましたが下山はコースタイムより早く2時間かからずに下山。
昨日登り始めたころはまだ道が見えていた唐澤鉱泉周辺にも雪がついていました。
その雪の白と鮮やかなもみじの赤が心を和ませます。
yukimomiji.jpg

川沿いに湯が沸き、その周辺にきれいな苔が生えていました。
色がとてもきれいでまるで中国の九寨溝やトルコのパムッカレの様だと想像してしまいました。
hotspring.jpg

唐澤鉱泉で昼食をとりゆったりと温泉で体を温めます。
こちらの湯は日本秘湯の湯の一つ。上がった後もポカポカとあたたかく、趣のある温泉です。

のんびりした後にマイクロバスに分乗し下山します。
私たちが乗ってきた大型バスが待っている唐澤鉱泉、夏沢峠の分岐点には大山神社と言う神社があります。
こちらで無事の下山のお礼をしてバスに戻りました。
同祖神がやさしく微笑んでいます。
ooyamajinnja.jpg

今回は天狗岳の頂上まで行くことができませんでしたが、初雪山を楽しむことができたと思います、きっと。
ご参加いただいたお客様がこれに懲りず、山登りを続け、来年の夏山に挑戦していただけると嬉しいです。
帰路の道より眺めた青空と八ヶ岳の山々を見つめながら、来年また来るよぉー
yatugatake.jpg

おわり




スポンサーサイト



コメント

Secret

初の雪山

楽しかったです~♪
アイゼンも初めて装着しましたけど、特に凍ったところをスイスイ歩けるのが楽しかったですね。
思いがけず雪山登山で、いい経験が出来ました!
またどこかでアイゼンを使って歩いてみたいな(^^)

もちろんこれに懲りず、夏山リベンジしたいです♪

プロフィール

ブラ山歩

Author:ブラ山歩
日本や海外で安全に快適に山を登れるようにお手伝いさせていただいている(株)フィールド&マウンテンでのイベントを掲載していきます。 山登り超初心者・登山に興味のある方是非お立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR