FC2ブログ

2013年」「山から日本を見てみよう」1月は鷹取山

2013/01/22 Tue

月曜日に数年ぶりに関東地方にが降り天気は大丈夫だろうが雪は?凍ってたりする?
とドキドキの中、京急神武寺に集合。

登り始めの民家の庭にはまだ雪が残ってひんやり。
小さなリーダーが集合をかけ山ガールの皆さんが整列。ほほえましい~
yamagirl.jpg
足元には雪があるので気を付けて。
letsgo.jpg

海抜139mの山ですが森林浴を楽しんだ後に(ここは神武寺の裏参道です)お寺に到着。
聖武天皇の夢に現れた薬師如来の「東方に寺を建てよ」とのお告げから、創建されたそうです。
6地蔵尊、薬師堂などにお参りしながら長い階段を登っていくとたくさんの人と合流。
何が見えるのかな?
fujiview.jpg
今日は天気が良いのでくっきり富士山に出会えました。
fujiview1.jpg
登ったと思ったら今度は下り坂。岩と岩の間を通り抜け
トンネル
ちょっとした鎖場も登場。雪の後なので慎重に。
kusari.jpg
階段を下って登り返したら聳えるような岩と眼前に海が。
yokosukaview.jpg

風もなく暖かくて眠たくなりそう。
アスパラスープで温まりながら今度はどんな山に行きたいか?などおしゃべりタイム。
スープランチ
お客様お手製のリンゴのコンポートも美味しい
リンゴコンポート
リーダーが配ってくれたチョコの中にハートの形のチョコが。ラッキーガール♪と記念撮影。
heart.jpg
気が付いたらまだ山頂(展望台)に登っていなかった私たち
今日はクライミングをしている人があまりいませんでしたが、後ろに映る岩にチャレンジしている人たちが。
tennbou.jpg
とってもすごいところにいるような錯覚を起こす絶景で記念撮影。
toptakatori.jpg
楽しかった山登りもあと少しで終わりです。
gezantakatori.jpg
突然開けた広場に「鷹取磨崖仏」が現れた~
逗子市在住の川口満という方が、横須賀市在住の彫刻家・藤島茂氏に依頼して昭和35年から
1年かけて制作されたそうです。大きさは高さ8メートル、幅は4.5メートル。
この写真は弥勒菩薩像。釈迦如来像の磨崖仏もあったそうですが、
昭和40年に鷹取小学校建設のために姿を消したそうです。
sekibutu.jpg
「鷹取磨崖仏」から歩くこと10分ほどで本日の登山は終了。日陰の為雪がこの辺りはたくさん残っていました。
snowgoal.jpg
下山後は20分ほどの街歩きとなりましたが、みなさん満足いただけたようでよかったよかった。

2013年は1月から天気に恵まれイベントを開催することができました。
今年も低山から、スノーシュー、秘湯の温泉に入ろう、避難小屋泊?など色々企画を計画中です。
これからもよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

ブラ山歩

Author:ブラ山歩
日本や海外で安全に快適に山を登れるようにお手伝いさせていただいている(株)フィールド&マウンテンでのイベントを掲載していきます。 山登り超初心者・登山に興味のある方是非お立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR